導入事例 テラモーターズ株式会社

TerraMotors_title_new

 

導入経緯

当社は電動二輪・三輪のメーカーです。世界で見て、電動二輪・三輪の分野で凄いというメーカーはまだ無いのですが、僕たちはそういうプレゼンスを2年以内に出したいと思っています。

OneSource導入の経緯ですが、当社では海外のパートナー探しや販売先等を調べるため、様々な海外企業を調査します。このため、何らかの企業調査サービスを使いたいと考え、ワンソース・ジャパンに問い合わせて頂き、実際にトライアルを使ったうえで導入させて頂きました。月額数万円でデータベースを無制限に使い放題という金額感に加えて、上場企業のみならず非上場企業の情報が多く含まれていることが決め手でした。

 

活用事例

当社では海外の企業を調査する場合は、実際に会うことを重視しています。何故なら、プレゼン資料等を事前に頂いていてもどういう意図を持って、どういう本気度合いだとかは実際に会いに行かないと分からないからです。また、レポートに上がって来る情報と実際に自分の目で見る情報が全然違うこともありますので、それを見極めるためにも実際に訪問することは重要です。

ただし、当然ながら、会う前に相手企業のことは調べられるだけ綿密なデスクリサーチで調べつくします。

デスクリサーチがまず始めにあって、それから会ってみましょうとなります。

デスクリサーチでは、ウェブサイトや業界レポート、取扱製品の評価等を調査したりしています。
OneSourceではこのような調査を効率的に、しかも細かく調べられるという点は良い感じです。競合企業や潜在パートナー企業を事前に調査することは非常に重要です。会う前にそういう情報を持って会うのと、そういう情報を持たないで暗中模索の中で会うのでは交渉の質や方向にも影響します。このため、デスクリサーチ等でもOneSourceを積極的に利用しています。

また、企業調査以外の使い方として、経営者情報(*1)も役立っています。
当社ではアプローチしたい人物には平気でアプローチします。それこそLinkedIn(*2)等のSNS等を使って知らない方にも積極的に連絡を取ったりします。

この点、OneSourceには世界中の人物の連絡先が含まれ、かつLinkedInとも連携しているので、これらの人物にアプローチしたり、潜在顧客情報をリスト抽出すること等に利用しています。

今後はもっともっと使いこなせていけたらと思っています。

 

ひとこと

DSC00802.jpg_new当社では現在、日本発のメガベンチャーとして、アップル・サムスンを超えるインパクトを世の中に残す企業になることを目標に頑張っています。

「日本発のメガベンチャー」と、それだけ聞くと頭がおかしいのではないかと思われます。

しかし、世界を見るとそういう会社はすでに沢山あります。今後とも発想力や思考力を駆使して、枠にとらわれないで頑張って行きたいと思っています。

また、当社では「日本発のメガベンチャー」や「アジアの環境改善」ということを目指していますが、それと同時に、このようなベンチャースピリットの発想を持ってビジネスを推進し、日本企業全体のメンタリティを変えていけたらと思っています。

 

 

 

お客様情報

terramotors_logo

テラモーターズ株式会社

〒150-0042  東京都渋谷区宇田川町34番5号サイトービルⅢ5階

メディア掲載情報

日本経済新聞オンライン:バイクとスマホ「必需品」でアジアに挑むベンチャー

東洋経済オンライン  :日本の”頭がいい人”に、一番足りないもの

Online America

 

参照情報

(*1) 人物情報については、世界250カ国2700万人の経営者や役職者の連絡先が収録。国、地域、産業、会社名、部門、役職、電話番号、学歴、給与、バイオグラフィー、メールアドレス等が収録されています。またこれらの人物情報をリストとして抽出することも可能。アプローチ・リストやサプライヤーリストとして利用頂けます。

(*2) LinkedIn : http://www.linkedin.com