ユーザー視点に立った画面設計

New_Screen

OneSource の言葉の由来は、One(一つの)Source(情報源)です。OneSource では、全世界の企業・人物・ニュース・産業をデータベース化しています。このため、企業が外国の企業とビジネスを行ったり、外国の情報を調査するための全 ての情報をワンストップで提供しています。

OneSourceは15年前から世界の各地で利用されているデータベースです。また世界4000社の企業で様々な地域でご利用されています。

この一つの要因として、OneSourceは使いやすさに注力して画面設計を行なっています。

このため、日本人にとっても、アメリカ人にとっても、中国人にとっても、分かりやすいユーザー画面を実現しています。通常この手のビジネス向けのデータベースは非常に難解で使いづらいものが多く有ります。

この点、OneSourceはマニュアルも何も見なくても、感覚的にご利用を行なうことが出来ます。

ユーザビリティの追求〜それがOneSourceと他のデータベースとの大きな違いの一つです。