f-newsaleart

 

記事検索を使って出来ること〜競合定点分析〜

競合他社の情報をまとめて、定点分析することで、競合他社の情報を毎日調査することが可能です。

今回は、Ford, BMW, Daimler, Hyndai, Volkswagenの5社を競合他社として、調査してみます。 (あくまで上記5社を便宜上、調査対象の競合として例示してみます。)これらの企業のリコール関係のニュースや記事を、世界16,000のニュースや記事から検索してみます。

 

1 比較調査したい企業をまず検索

 

OneSourceに収録されている1億社の企業から調査したい企業を検索します。今回は「Ford」と入力してみます。

2014-01-07_23-08-46

Fordと検索したところ、OneSourceに収録されている1億社の中からグループ会社も含めてFordという名称の付く会社が5,000件以上もヒットしました。このため、住所や売上等で調査したい対象を選定してクリックします。

 

2 会社固有のKey ID(企業コード)を書きとめる

調査したい企業のページをクリックしたら、それぞれの企業に付番されている番号(OneSource Key ID)を書き留めます。(尚、上場企業の場合、証券コードでも検索出来ます。)

2014-01-07_23-11-06

2014-01-07_23-11-27

Fordでは12338という番号(OneSource Key ID)が付番されていました。

3 Key ID or Ticker Codeにて調査対象企業を入力

News & Articlesページに行き、先ほど取得した企業毎の番号(OneSource Key ID→用語集)を入力します。
尚、Ticker Code(証券コード→用語集)でも検索することができます。

2014-01-07_23-15-33

4 同様に競合調査したい企業を登録します。

Ford同様に、BMWやHyndaiについても登録します。

2014-01-07_23-22-00

 5 トピック毎のニュース検索・保存

 

もし、これら5つの企業のニュースの中でも特定のトピックで調査したい場合は、”Business Topic”の項目をクリックし、調査したいトピックをクリックします。
今回は、これらの5つの企業の過去1年分のリコール関連のニュースを調査してみます。

Business Topicをクリックし、その後、”Product Recall”を選択し、add to searchに追加します。

2014-01-07_23-22-57

6 検索結果を確認

検索結果を御覧頂けます。

2014-01-07_23-23-50

結果を御覧頂けます。調査したい記事をクリックすると、記事の内容を確認することが出来ます。

 

7 検索結果の保存及びアラート設定

先ほどの検索内容を保存したい場合には、”Save Search”のボタンをクリックしてください。
その後、これらの検索内容を保存することが出来ます。

また、アラートを掛けることも可能です。アラートを掛けることによって、これらの5企業のリコール情報が世界のニュースで掲載された際に、指定したメールアドレス(複数可能)にメールが入る様になります。この結果、OneSourceが契約する16,000のニュースソースにこれらの競合他社5社のリコール関係のニュースが入り次第、自分自身のメールに転送されることになります。

 

8 メニューに保存され、次回は簡単に検索可能に

一度調査してしまえば、同じ検索を行なう必要が無くなります。”Saved Items”からクリックすることで、これら5企業のリコール問題をいつでも簡単にチェックできます。

 

9 検索結果から記事を読む

2013-08-22_09-25-38

(The Ledger.com より転載)

検索結果より、OneSource内で記事を読んだり、深堀りして調べたい場合、リンクによりこれらの記事の発行元の記事も御覧頂けます。世界中の様々なメディアから特定の企業や特定の情報を自動的に取得できます。

 

ご利用例

  • 競合他社の特許に関するニュースや記事、業界誌が調べたい。
  • グループ企業のリコールに関する記事が調べたい。
  • 投資先のVC(ベンチャーキャピタル)関連のニュースが調べたい。
  • 提携先の提携関係のニュースが調べたい。
  • クライアント企業の製品PRの効果測定がしたい。

 

OneSourceの優位性

  • 世界16,000のニュースや記事を検索できる点。
  • 企業のニュースリリースも検索できる点。
  • 特定の対象企業のトピックのみを検索できる点。
  • 従量課金ではなく、月額数万円の固定料金である点。
  • ニュース以外に、企業情報、人物情報、産業情報、アナリスト情報等も検索できる点。
  • 海外での利用実績。

 

記事ソース(一部抜粋)

メニュー 媒体 (16,000媒体)
英字新聞 Chicago Tribune (US)、Globe and Mail (Canada)、Guardian (UK)、Honolulu Star‐Advertiser (US)、International Herald Tribune (US)、Japan Times (Japan)、Jerusalem Post (Israel)、Korea Times (South Korea)、Los Angeles Times (US)、Moscow Times (Russia)、New York Times (US)、Nikkei Business Online (Japan)、Nikkei English News (Japan)、Nikkei Real Estate Market Report (Japan)、Shanghai Daily (China)、South China Morning Post (China)、Straits Times (Singapore)、The Daily Telegraph (UK)、The Independent (UK)、USA Today (US)、Washington Business Journal (US)等
ビジネス誌 Consumer Reports、Economist、Forbes、Harvard Business Review、Industry Week、Foreign Affairs、Time等
テレビ・ラジオニュース ABC、Al Jazeera, BBC、Bloomberg、CBS、CNN、FOX、NBC等
専門誌・業界紙・ニュースレター AutoWeek、Motor Age、American Banker、The Asian Banker、Chemical Week、Electronic Engineering Times、Biotech Business Week、NewsRx、Biopharm International、Chemist & Gluggist等
通信ニュース UPI、AFP、Xinhua News Agency、Business Wire、PR Newswire等